ギヤードモーター

  クラフトのハチロクを使います。12:1に減速するために、角パイプを使うのはコンの(数少ない)オリジナル方法。軸孔は角パイプに垂直でなければならず、位置決めに苦労します。今日は材料の整備と、位置の検討で終了。明日試作します。ともかくキットの数だけモーターを作るので、ある意味では大変!

f:id:konno_sendai:20190829012604j:plain

  幸い材料は全て揃ってました。

  ジョギングは26分15秒。ガラスもぼちぼちやってます。朝夕は少しひんやりしてきました。東北の秋は近い!

ボックスドライバー

  ドコービルの下廻りと上廻りの連結は、M1のナットに依ります。そのナットも平径が各種あり、迷いましたが、対辺2.5ミリのものを採用しました。問題はそれを締めるボックスドライバー。ボルトの位置は妻板から2ミリなので、ドライバーも径4ミリ以下でないと使えないのです。当初予定していたANEX製は径が5ミリ強ですので、全体をちょんぎって、さらにヘッド部分を旋盤で削りました。

f:id:konno_sendai:20190828011523j:plain

  しかし、このドライバー、断端が余り奇麗ではありません。

f:id:konno_sendai:20190828011650j:plain

  ご存知のように、キャップネジの頭の部分はレンチとして使えます。平径2.5の頭を有するキャップネジはM3です。これでボックスドライバーを作ろうという話です。

f:id:konno_sendai:20190828011954j:plain

  断端は大分奇麗ですね。

f:id:konno_sendai:20190828012024j:plain

  実はドコービルのキットに、このキャップネジを同封して、各自作ってくださいね、というスタンスでしたが、作らないとまずいかなあ。キットの数だけ作るのはしんどいし・・・・。とりあえず7本作りました。

f:id:konno_sendai:20190828012242j:plain

  ローレット丸棒で工具を作るのは楽しいです。

  ジョギングは雨で中止。明日、エッチングの修正を発送したら、ギヤードモーター作りとなります。今回のドコービルのキット作りは数年を要し、2〜3回の挫折を味わいました。軽便祭を目標に進めましたが、中途工作本の編集とかいろいろありまして、ずいぶんお待たせしてしまいました。でもその分中身は可成りのものになると自負しています。色々ご指導賜り感謝です。登山で言えば、9合目を越えました。

続もろもろ

  ご指摘いただきましたように、昨日の棒の補強は不適切でしたので、改めます。写真のように奥まで棒が差し込めるようにしました。

  これで多分大丈夫でしょう。昨日のものでは、折れる心配もありました。細くしたのは単なるカッコ付けです。

  同人誌の編集の合間に、ローラー運転台のステイを作っていたのですが、Dfさんからオファーがあり、彼が考えた新ローラー運転台のステイも作りました。さて、どういう構想なのでしょうか?

  ジョギングは27分56秒。かろうじて27分台です。寒くてかじかんだまま走ってます。

もろもろ

  同人誌の編集であるヒントを頂きました。ML210のコレットシステムは、φ5の棒2本で締めるので、指が痛くなります。この棒に取っ手を付ければ楽になるという考えです。気取って綾目ローレッと棒で作りました。まあ、レンチ等にパイプをかぶせて延長するのと似たようなものですね。

  うん、カッコ良いし、力も入るゾ!

  ナベヤのレバーに似たものが有るかもしれませんが、工具を作るのも趣味ですから。
  ローラー運転台は改造してレジン複製としました。その原型も出来ました。

  Dfさんご依頼の運転台は6台完成しています。

  ジョギングは降雪のため中止、そのかわりジョギングコースを歩き、凍結防止剤を撒きました。明日は、同人誌の仕上げです。ではまた!

続新ローラー運転台

  台枠の作成で、ベアリングやビスの頭の逃げを想定していなかった大ポカで、逃げを手仕事で行えば膨大な手間となります。結局、原型を作成してレジン複製という事になります。その原型は、なるべくフライスで加工したいという事で、慣れない、そしてDROもない縦フライスで練習しました。大体感じがつかめたところで今日は終了。4台の試作です。

  現実には同人誌の編集もあり、工作時間は制限されています。ご注文の6台を作れば、あとは後日生産します。もともと作っただけ売れるローラー運転台です。この新しいタイプも、かなり需要がありそう。ということは、またまた自分の作品をつくる時間が削られるという事です。
  ジョギングは凍てつく道路を食いしばって走ってます。27分12秒。路面が滑り易くてスピードが出ません(嘘つけ!)。

新ローラー運転台

  お友達にお願いして、枠を3Dプリンタで作っていただきました。

  しかし、例によって突っ込みどころ、いや修正するところがかなりありました。こうでないと、ベアリングとかが干渉するのです。

  最終的には、原型を作りレジン複製となります。そのため、フライスで当たりを取る作業を始めました。

  祈念すべき第1作のペアです。

  線路において導通も確認しました。問題ありません。この方式の欠点は枠の厚みだけホイールベースが伸びますので、あまり軸距離が狭いと乗りません。

  試作は、Dfさんからの依頼で、間もなく納品します。量産しなくちゃいけないかな?
  ジョギングは27分51秒。もう寒くて寒くて・・・。